カードローンをする人間の弱さ

ギャンブルが止められない人がカードローンに手を出すとき

ギャンブルが止められない人がカードローンに手を出すとき

男性31歳

大学を卒業して公務員の職に就き、8年になりました。
今は独身で家族はいません。
週2日の休みにはギャンブルをしています。

アコムで100万円

アコムの無人くんで初めは少額で借りましたが、気付いた時には100万円になっていました。
初めはあまり借りないように気をつけていましたが、何回か借りると何の抵抗もなく借りていくようになりました。

ギャンブルでお金を失くす

ギャンブルでなくなってしまい、さらにギャンブルをするために借りていました。

会社には内緒に

誰にも相談できませんでした。
特に会社にはばれたくなかったので誰にも話していません。

プロミスからも借りる

2社目はプロミスで借りましたが、ちょうどこの頃総量規制がかかり今の年収では7万円しか借りれませんでした。

ギャンブル漬けに

やはりギャンブルがやめられずにさらに資金を加算していました。
アコムと同じように初めは気をつけていましたが、何回か借りると抵抗もなくなり、気付いた時には返す時の事など考えなくなっていきました。

やはり話せず

一回目と同様に会社にばれたくなく、誰にも相談できませんでした。

借りるのに慣れていく

アコムでお金を借りた時にはものすごくドキドキして借りていましたが、2社目になると1社目ほどの緊張はなくなっていました。
契約までの流れもわかるし、借りれるという確信があったので、それほど抵抗はありませんでした。

利息がかかることを忘れない

借りてしまうと利息がついてしまうので、後々を考えると借りない方がよかったと思います。
やはり借りた物は返すということを常に考えて気をつけてほしいと思います。

冷静に判断すること

もしギャンブル等で借りてしまうような人はもう一度考えてほしいと思います。
少しならいいだろうという甘い考えが、今後の人生に大きく影響を及ぼしますので、ご利用になる場合は本当に必要な物かどうかを冷静になって考えてほしいと思います。
▲このページのトップへ